パルマ王立歌劇場ライブビュー
名作映画 クラシック音楽映画 オペラ映画 パルマ王立歌劇場ライブビュー オペレッタ映画 バレエ映画
アイーダ 仮面舞踏会 リゴレット ナブッコ イル・トロヴァトーレ
 マクベス 椿姫 オテロ ファルスタッフ レクイエム
パルマ王立歌劇場
イタリアを代表する作曲家ヴェルディの生誕地パルマ。
毎年10月に行われるヴェルディ・フェスティバルを主宰するパルマ王立歌劇場(Teatro Regio di Parma)は、180年以上の歴史を誇るイタリアで最も重要な劇場の1つです。イタリアの中で最も耳の肥えたオペラファンが集う劇場と云われ、数多の歌劇場の中で最も観客の評価が厳しいことで有名です。
 
アイーダ  2012/イタリア/イタリア語/日本語字幕/154分/16:9/デジタルハイヴィジョン

大スクリーン&ハイビジョンで観る、歌劇王ヴェルディ最大のスペクタクル・オペラ

毎年大規模なヴェルディ・フェスティバルが開催される、イタリアオペラの聖地パルマ王立歌劇場。世界中から見巧者なオペラファンが集まることでも有名なこの名門歌劇場で、2011-2012シーズンを代表するプロジェクトとして上演された「アイーダ」の圧倒的な舞台。
出演は、世界中の劇場を熱狂の渦に巻き込み、現在最も注目されるソプラノ、スザンナ・ブランキーニ。ドラマティックな感情表現で世代を代表するメッゾ、マリアーナ・ペンチェーヴァ。新国立劇場「トゥーランドット」のカラフも記憶に新しいワルテル・フラッカーロほか。
演出は、ルキノ・ヴィスコンティの孫弟子で、近年のイタリアオペラ界で八面六臂の活躍を続けるジョゼフ・フランコーニ・リー。
指揮は、突出した才能で同世代では最も刮目すべき指揮者と云われ、2011年のデビューから短期間のうちに国際的な舞台で活躍するようになったアントーニオ・フォリアーニ。

〈CAST & STAFF〉
出演:アイーダ・・・・スザンナ・ブランキーニ
   ラダメス・・・・ワルテル・フラッカーロ
   アムネリス・・・マリアーナ・ペンチェヴァ
   アモナズロ・・・アルベルト・ガザーレ
   ランフィス・・・ゲオルギー・アンドグラーゼ ほか
指揮:アントーニオ・フォリアーニ
演奏:パルマ王立歌劇場管弦楽団、合唱団
演出:ジョゼフ・フランコーニ・リー

提供:ユニテル 配給:T&Kテレフィルム Ⓒ 2012 UNITEL

仮面舞踏会  2011/イタリア/イタリア語/日本語字幕/137分/16:9/デジタルハイヴィジョン

大スクリーン&ハイビジョンで体感する、イタリアオペラ聖地の興奮!

破竹の勢いでヨーロッパの主要歌劇場を席巻する注目の若手、フランチェスコ・メーリとクリスティン・ルイスをはじめ、ヴェルディ・オペラを得意とする実力者たちが揃った必見の舞台。

〈Story〉
ボストン総督リッカルドは、部下で親友でもあるレナートの妻アメーリアに、密かに恋慕の情を抱いていた。一方の彼女もリッカルドへの道ならぬ恋に焦がれ苦しみ、女占い師ウルリカの言葉に従い、真夜中の処刑場に恋を忘れる薬草を採りに行くことに…。
先回りしていたリッカルドは遂にアメーリアに想いを告げるのだが、そこに暗殺の計画を伝えようとレナートが駆け付けてしまう。妻と親友に裏切られ、謀反の一味にも嘲笑されたレナートは復讐を誓い、華やかな仮面舞踏会で運命の幕が上がる…。
実話をもとにしたヴェルディ中期を代表する傑作。初演は熱狂的に迎えられ、イタリア統一運動と相まって、人々は街中に Viva VERDI!(ヴェルディ万歳!)と落書きし、このオペラの成功でヴェルディは愛国のシンボルとなった。

〈CAST & STAFF〉
出演:リッカルド・・・フランチェスコ・メーリ
   アメーリア・・・クリスティン・ルイス
   レナート・・・・ウラディーミル・ストヤノフ
   ウルリカ・・・・エリザベッタ・フィオリッロ
   オスカル・・・・セレーナ・ガンベローニ ほか
指揮:ジャンルイージ・ジェルメッティ
演奏:パルマ王立歌劇場管弦楽団、合唱団
演出:マッシモ・ガスパロン

収録:2011年10月、パルマ王立歌劇場
提供:ユニテル 配給:T&Kテレフィルム Ⓒ 2012 UNITEL

リゴレット  2008/イタリア/イタリア語/日本語字幕/132分/16:9/デジタルハイヴィジョン

聖地熱狂のヴェルディ・フェスティバル、レオ・ヌッチのリゴレット!

最高峰の“ヴェルディ・バリトン”として、イタリアオペラ界を代表する歌手であるレオ・ヌッチ。世界中の注目を集めるパルマのヴェルディ・フェスティバルに於いて、最も得意とする「リゴレット」のタイトルロールを演じた圧巻の舞台。
ジルダ役には、“オペラ界のアンジェリーナ・ジョリー”とも呼ばれ、ネトレプコを継ぐ次世代のスター歌手として、その美貌と実力が世界中から注目される新星ニーノ・マチャイーゼ。第2幕の熱狂的なカーテンコールでアンコールされたリゴレットとジルダの二重唱は絶対に見逃せない。
マントヴァ公には、パヴァロッティを髣髴とさせる輝かしい声で、日本でも熱狂的なファンを持つ若きテノール、フランチェスコ・デムーロ。イタリアオペラのレジェンドと、若き実力者たちが共演した必見の舞台。

〈CAST & STAFF〉
出演:リゴレット・・・・・レオ・ヌッチ
   ジルダ・・・・・・・ニーノ・マチャイーゼ
   マントヴァ公爵・・・フランチェスコ・デムーロ
   マッダレーナ・・・・ステファニー・イラーニ
   スパラフチーレ・・・マルコ・スポッティ
指揮:マッシモ・ザネッティ
演奏:パルマ王立歌劇場管弦楽団、合唱団
演出:ステファノ・ヴィツィオーリ

収録:2008年10月、パルマ王立歌劇場 ヴェルディ・フェスティバル2008
提供:ユニテル 配給:T&Kテレフィルム Ⓒ RAITRADE 2008

ナブッコ  2009/イタリア/イタリア語/日本語字幕/137分/16:9/デジタルハイビジョン

イタリアオペラ界の至宝、レオ・ヌッチと力強さと
繊細さを兼ね備えた現役最強のソプラノ、ディミトラ・テオドッシュウの共演!

第二のイタリア国歌とも言われる有名な合唱曲「行け我が想いよ、黄金の翼に乗って」も感動的なヴェルディ・フェスティバルでの圧巻の舞台。
〈Story〉
破竹の勢いで勢力を広げるバビロニア王ナブッコは、軍を率いてエルサレムに攻め込んだ。エルサレムの大司祭ザッカリアは、人質にとっていたナブッコの次女フェネーナを盾とするが、フェネーナを愛しているヘブライ王の甥イズマエーレに阻まれ、バビロニアは勝利を収める。
一方、ナブッコの長女のアビガイッレは、自分が奴隷の娘で王位継承権がないことを知り、父への復讐を誓う。勝利に酔ったナブッコは自らを神と称するが、天罰の稲妻を受け錯乱。アピガイッレに王座を奪われてしまう。
王位についたアビガイッレは、異母妹フェネーナをも憎み、彼女の処刑を命じる文書をつくり、父ナブッコをだまして署名させるのだが…。

〈CAST & STAFF〉
出演:ナブッコ・・・・・レオ・ヌッチ
   アビガイッレ・・・ディミトラ・テオドッシュウ
   ザッカリア・・・・リッカルド・ザネッラート
   イズマエーレ・・・ブルーノ・リベイロ
   フェネーナ・・・・アンナ・マリア・キウーリ ほか
指揮:ミケーレ・マリオッティ
演奏:パルマ王立歌劇場管弦楽団、合唱団
演出:ダニエレ・アッバード

収録:2009 年10月12、14日、パルマ王立歌劇場 ヴェルディ・フェスティバル
提供:ユニテル 配給:T&Kテレフィルム © 2012 UNITEL

イル・トロヴァトーレ  2010/イタリア/イタリア語/日本語字幕/140分/16:9/デジタルハイビジョン

歌劇王ヴェルディ空前の大ヒット作!ヴェルディ・フェスティバルでの圧倒的な舞台

巨匠テルミカーノフを指揮に迎え、豪華な歌手陣が顔を揃えた舞台のハイビジョン映像。
マンリーコ役は、当代きっての美声テノールとして世界中の歌劇場で活躍するマルセロ・アルバレス。レオノーラは次世代の大プリマドンナとして脚光を浴びる逸材テレーザ・ロマーノ。ルーナ伯爵はヴェルディ・バリトンとして世代を代表する実力者のクラウディオ・スグーラ。

〈Story〉
15世紀のスペイン。ルーナ伯爵はアラゴン公爵の女官レオノーラに思いを寄せるが、レオノーラは吟遊詩人マンリーコを愛している。マンリーコにレオノーラを奪われた伯爵はマンリーコの母アズチェーナを捕える。伯爵は幼い頃に行方知れずとなった弟を長年探していたが、父のルーナ伯が、弟に呪いをかけたと火刑に処したジプシーの老婆の娘がアズチェーナだった。彼女はマンリーコの実の母ではなく、錯乱して実の子を火刑の火に投げ込んでしまった過去を秘していた。
母を追っておびき出され、牢獄につながれたマンリーコをレオノーラは命をかけて救おうとするのだが…。

〈CAST & STAFF〉
出演:マンリーコ・・・・マルセロ・アルバレス
   レオノーラ・・・・テレーザ・ロマーノ
   ルーナ伯爵・・・・クラウディオ・スグーラ
   アズチェーナ・・・ムジア・ニオラージェ ほか
指揮:ユーリ・テミルカーノフ/
演奏:パルマ王立歌劇場管弦楽団、合唱団
演出:ロレンツォ・マリアーニ

収録:2010 年10月、パルマ王立歌劇場 ヴェルディ・フェスティバル
提供:ユニテル 配給:T&Kテレフィルム © 2012 UNITEL

マクベス  2006/イタリア/イタリア語/日本語字幕/156分//16:9/デジタルハイビジョン

〈CAST & STAFF〉
出演:マクベス(Br):レオ・ヌッチ
   マクベス夫人(S):シルヴィー・ヴァレル
   バンコ(B):エンリーコ・イオーリ ほか
指揮:ブルーノ・バルトレッティ
演出:リリアーナ・カヴァーニ

収録:2006 年6月、パルマ
提供:ユニテル 配給:T&Kテレフィルム © 2012 UNITEL

椿 姫  2007/イタリア/イタリア語/日本語字幕/132分/16:9/デジタルハイビジョン

〈CAST & STAFF〉
出演:ヴィオレッタ・・・スヴェトラ・ヴァシレヴァ
   アルフレード・・・マッシモ・ジョルダーノ
   ジョルジョ・・・・ウラディーミル・ストヤノフ ほか
指揮:ユーリ・テミルカーノフ
演出:カール=エルンスト&ウルゼル・ヘルマン

収録:2007年10月、パルマ
提供:ユニテル 配給:T&Kテレフィルム © 2012 UNITEL

オテロ  2008/イタリア/イタリア語/日本語字幕/142分/16:9/デジタルハイビジョン

〈CAST & STAFF〉
出演:オテロ・・・・・・アレクサンドルス・アントネンコ
   デズデーモナ・・・マリーナ・ポプラフスカヤ
   イヤーゴ・・・・・カルロス・アルバレス ほか
指揮:リッカルド・ムーティ
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
演出:スティーブン・ラングリッジ

収録:2008年8月、ザルツブルク祝祭大劇場
提供:ユニテル 配給:T&Kテレフィルム © 2012 UNITEL

ファルスタッフ  2011/イタリア/イタリア語/日本語字幕/130分/16:9/デジタルハイビジョン

ダマしたつもりがダマされた!
懲りない老騎士と陽気な女房たちが繰り広げる シェイクスピア原作の痛快喜劇

笑いの中に人生の機微を細やかに描き出し、音楽とドラマが完全に融合したヴェルディ・オペラの最高到達点。
若きイタリアの俊英バッティストーニが天才オペラ指揮者の名声を確たるものとした、2011年のヴェルディ・フェスティバルにおける名舞台を大スクリーンで上映!
当代きってのファルスタッフ歌いとして絶賛され、2013年のスカラ座来日公演でも同役を演じたアンブロージョ・マエストリほか、ルカ・サルシ、スヴェトラ・ヴァシレヴァなど実力派歌手が揃う。
世界最古の額縁型劇場として有名なテアトロ・ファルネーゼを使用しての上演で、美麗な歴史的木造建築も必見。
〈Story〉
ヘンリー四世治下の英国ウィンザーの町。旅籠兼酒場に長逗留して気ままに暮らす老騎士ファルスタッフは、裕福なフォード夫人アリーチェとページ夫人メグを金づるにしようと二人に恋文を出す。ところが二人は恋文が同じ文面であることに気づき、女房仲間と示し合わせてファルスタッフを懲らしめることに。さらにフォード氏も傍若無人なファルスタッフに憤慨して乗り込んで来る。
そんな最中に、フォードが結婚を許さない娘のナンネッタと恋人フェントンは、秘かに愛を確かめ合い…。

〈CAST & STAFF〉
出演:ファルスタッフ(Br) ・・・アンブロージョ・マエストリ
   フォード(Br) ・・・・・・ルカ・サルシ
   アリーチェ(S)・・・・・・スヴェトラ・ヴァシレヴァ
   クイックリー夫人 (Ms)・・ロミーナ・トマゾーニ
   メグ (Ms)・・・・・・・・ダニエラ・ピーニ
   ナンネッタ(S)・・・・・・バルバラ・バルニェージ
   フェントン(T)・・・・・・アントーニオ・ガンディア ほか
指揮:アンドレア・バッティストーニ
演奏:パルマ王立歌劇場管弦楽団、合唱団
演出:スティーヴン・メドカルフ
舞台・衣装:ジェイミー・ヴァルタン

2011年10月10、12、15、22、25日、パルマ、テアトロ・ファルネーゼ
ヴェルディ・フェスティバルでの収録

提供:ユニテル 配給:T&Kテレフィルム © 2012 UNITEL

レクイエム  2011/イタリア/イタリア語/日本語字幕/ 96分/16:9/デジタルハイビジョン

〈CAST & STAFF〉
出演:ディミトラ・テオドッシュウ(S)
   ソーニャ・ガナッシ(Ms)
   フランチェスコ・メーリ(T)
   リッカルド・ザネッラート(Bs)
指揮:ユーリ・テミルカーノフ

収録:2011年10月、パルマ、テアトロ・ファルネーゼ
提供:ユニテル 配給:T&Kテレフィルム © 2012 UNITEL

名作映画 クラシック音楽映画 オペラ映画 オペレッタ映画 バレエ映画 ●バリアフリーアニメDVD about us


Copyright (C) T&K TELEFILM Co.,ltd. All Rights Reserved.